Mobil menu

Down Footprint System

close

環境保護テーマ:有害物質の紹介

近年、世界は『グリーン消費』の流れの下で、世界各国の顧客や消費者は積極的に、環境保護に有利な製品を要求しています。従って、メーカーは常に世界の環境保護流れに従って、絶えず製造プロセスや製品設計を改良して、機能と環境保護を兼備させなければなりません。

現在、有害化学品の規範は3種類に分けられていて、それぞれOeko-Tex Standard 100、各ブランド専属の有害物質管理文書、ブルーサインがあります。

 

 
  • Oeko-Tex Standard 100

    紡織品の安全性を検査する上で、現在業界が生地、ダウン、ボタン等付属品について製品検査するエコテックス規格100Oeko-Tex Standard 100は、1992年にドイツ・ホーエンシュタイン研究院とオーストリア紡織研究院が発起して、紡織品や既製品に人体の健康に影響する有害物質が残留していないかを検査します。

  • 各ブランド専属の有害物質管理文書

    下の図を例にして、これはアディダスのダウン製品に対する検査要求報告で、精緻な洗浄を経て、重金属、PH、ポリフェノール、農薬、ホルムアルデヒド、有機スズ、APEOの項目にパスしている、ブルーサイン規範の安全化学品を使用したダウンです。多数のブランドメーカーは全て各ブランド専属の有害物質管理文書を制定して、最終製品が消費者の安全を保障できることを確保しています。

  • ブルーサイン

    光隆は世界で初めてブルーサイン認証を申請したメーカーです。工場全体の環境が消費者の安全、環境保護、及び労働者保護に対して積極的な行為を維持していることを表しています。工場の作業環境改善、労働者の安全、個人用の防護設備購入、薬剤の安全性評価と使用、水回収システム使用比率向上で、製品の安全性、環境への優しさ、働く人と近隣住民への健康に配慮し、同業他社と比較しても社会環境に対する積極的な取り組みでリードしています。下の図はブルーサイン認証取得証書です。ご参考ください。