Mobil menu

Down Footprint System

close

ダウン廃水処理のフロー紹介

世界市場はダウン品質に対し、原料の6-7回の洗浄を経て、さらに適切なダウン精錬剤を投入することを要求しているため、洗浄工程において大量の水資源が必要です。環境保護の廃水放出要求を達成するため、用水を節約しつつ、工業用水の再利用率を向上させなければなりません。ダウン産業はこれまで大量の水資源使用せざるを得ない産業で、多くの水資源を浪費してきました。廃水処理を改善し、廃水処理効率を改善するため、水回収システムを導入し、新鮮な水の使用量を低下させて用水を節約する努力をしなければ、高効率の水資源再利用が達成できません。

染色工場は多くの重金属触媒や染色助剤を使用しているため、その廃水汚染程度は高く、化学品の用量も大きいです。ダウンに使用する薬剤は相対的に単純で、環境維持や環境に対する衝撃は染色業者より小さく、しかもダウン廃水処理場を設置する能力がある規模の会社はほとんど社会に対する企業責任を有していて、環境保護に関心を持っています。

光隆は政府が規範を制定する前から廃水処理の重要性を意識していて、工場成立と同時に廃水処理場を構築しました。光隆は主に活性汚泥法を採用していて、大自然の微生物の力を利用して、ダウンの汚れ、血液、余分な油脂を分解しています。ですから、生産過程でも廃水処理でも全て環境に優しく、化学品の使用は多くありません。さらに廃水処理の過程に水回収システムを追加して、地球の水資源浪費を大幅に低減しています。また、元の廃水と放流水の検査比較から、大部分の汚れは汚泥処理していることが分かります。そして処理後に放流する水は、非常に透明できれいなため、回収して水洗プロセスに再投入できます。

廃水処理のフローと廃水処理の効果を以下に説明します。

検査項目 単位 2014年度 政府の法規
元の廃水 放流水
水温 °C 23.1 23.6 夏<38
冬<35
PH値 - 7.5 7.3 6.0~9.0
化学酸素必要量 mg/L 302 40.5 100
生物酸素必要量 mg/L 172 9.5 30
浮遊固体 mg/L 212 4.8 30
真色色度 Color unit 539 8 550

下はダウン廃水処理場の写真です

  • 活性汚泥槽

  • PH調整槽

  • 汚れ濾過装置

  • 廃水場全景