Mobil menu

Down Footprint System

close

化繊とダウン製品のどちらがアレルギーになりやすいですか?ダウン製品を買うべきですか?

一般に常に言うアレルギー現象は、例えば皮膚の反応(湿疹)或いは喘息の発作等、全てアレルギーを誘発する抗原に接触した後、皮膚や肺組織の継続的炎症を引き起こします。ダニの排泄物、花粉、ペットのフケがよく見かける抗原ですが、多くの人にとって、ピーナッツ、堅果、海鮮や貝などの食物も重大なアレルギーを引き起こす可能性があります。 従って本日は、化繊製品とダウン製品のアレルギーに対する影響、ダウン製品はアレルギーを起こしやすい消費者の使用に適さないのかを討論します。

皆さんの観念の中では、これまでダウン原料は農産物の廃棄物に属し、収集過程で一部血液、ほこりがあり、さらにそれ自身がタンパク質であるために、化繊製品と比べて比較的ダニが発生しやすく、子供の使用には適さないことから、化繊製品を推薦すると考えてきました。しかし、アレルギーを引き起こす原因は数多く、さらに後段ダウン洗浄工場の水洗プロセスは絶えず進歩していて、且つ高温消毒を経ているので、多くの学者がこの件に対しては疑問を持っています。過去40年の中で常にある研究文献の結論では、ダウン寝具製品が喘息を引き起こすとの観念をひっくり返しています。つまりダウン製品は化繊製品よりアレルギーや喘息を誘発しやすいわけではないとの結論です。

 

以下に2つの研究例を紹介します。

(1)オーストラリア国立大学が行った小児喘息の羽毛寝具とダニとの関連性実験の中で、彼らは197人のダニアレルギーがある子供を2グループに分けて、1組は羽毛寝具を使用し、別の1組は化繊寝具を使用させました。その後1年間の使用中、使用過程で皮膚アレルギー或いは睡眠中に喘息が発生した回数を記録したところ、両者の間の回数は大きな差がないことを発見し、化繊或いは羽毛寝具を使用しても、アレルギー性喘息には何ら差別がないと結論しました。興味がある方は以下の全文を検索することができます。 Feather bedding and childhood asthma associated with house dust mite sensitization: a randomized controlled trial.

(2) ノルウェーのブスケルー大学学院(Buskerud University College)の研究で、羽毛寝具は長期に渡って抗原の主要な源であり、アレルギー疾病の主要危険因子だと考えられてきました。しかし、近年の交差研究では、化繊製品のリスクが羽毛より高いことを示しています。オスロ生まれ世代の中から2531人の子供を選び、年齢によって0~2歳と4歳前後に分け、それぞれ羽毛寝具と非羽毛寝具を使用させて、個別に気管支に対する影響、喘息、アレルギー性鼻炎の発生リスクを比較した結果、非羽毛寝具の方はリスクが大きいことが分かりました。従って、研究結果は子供が羽毛寝具を使用してもアレルギー性鼻炎や喘息のリスクはほとんど増加しなかったことを示しました。結論部分で彼女は「ほとんど」2文字を加えました。興味がある方は同様に以下の全文を検索することができます。 The use of a feather quilt, childhood asthma and allergic rhinitis: a prospective cohort study.

 

従って、ダウン製品が好きな方は、アレルギー問題を心配する必要がありません。なぜなら、リスクは化繊より高くないからです。どんな製品も長期間使用すれば、人体のフケや油脂が残留する下でダニが発生します。それでも心配な場合、光隆實業股份有限公司にはダニ予防加工をしたダウン製品があり、定期的に洗浄してきれいにすれば、二重の保険で安心して使用できます。羽毛製品の軽くて保温性の良さを享受できる以上、ダニが引き起こすアレルギー問題を心配する必要がありません。