Mobil menu

Down Footprint System

close

ダウンの表面油脂-ダックダウンはどうしてすぐ嫌な臭いがしますか

先に討論したように、アヒルとガチョウの表面油脂は異なります。以前ダウン製品を購入する時、寝具或いはジャケットに限らず、大多数はダックダウンが主でしたが、時に比較的重い生臭さを感じます。あるメーカーは、これは使用している原料は正真正銘のダックダウンであることを表していると宣伝しますが、実際人を悩ませます。ダックダウンには必ず臭いがあって、除去できないのでしょうか?

食用アヒルの養殖には集約養殖と粗放養殖の2種類があります。そのうちの集約養殖には池がなく、アヒル小屋の中に集中し統一した餌を食べて生活します。粗放養殖の敷地は広く、池もあり、活動空間があります。従って、粗放養殖の食肉用アヒルのと殺処理した後に収集したダウン原料は比較的きれいで、ソースは大部分がヨーロッパです。集約養殖は環境が狭く、池もないため、と殺処理後に取集したダウン原料はほこりなどが比較的多く、ソースはほとんど東南アジアです。

 

ソースから言うと、ヨーロッパのダックダウンは比較的きれいで臭いがありません。主に飼育環境と餌に関係があります。東南アジアのものに嫌な臭いが生じやすいのですが、ダックダウンは多くが洗浄製造過程で大部分の雑質や油脂を除去するため、乾燥・消毒したばかりのダウンには臭いがありません。恐らく後段の保管環境が臭いを再発生させていると考えられます。

光隆には専門の分析室があり、臭いのあるものとないダックダウンを精密機械を利用して可能性のある発生原因を確認し、アヒルの生臭さの主な原因は表面油脂の酸腐敗と微生物の発生によることを発見しました。グースダウンの油脂成分は主に蝋質で、ダックダウンのような脂肪酸ではないため、これもグースダウンの品質がダックダウンより良く、価格も高いことの一つの理由です。

ですから、ダウン用品を購入する場合、先に臭いがきつくないか嗅ぐことが必要です。ダウンを湿った環境に長く置くと、表面に微生物が発生したり、油脂が酸腐敗したりして、アヒルの臭いが出てきます。購入した後、太陽に晒すか、ドライヤーで乾燥させて、湿気が多い気候じの嫌な臭いの発生を防ぐことをお勧めします。